予防・ワクチン

各予防

ノミ・マダニ予防
外に出るわんちゃん、猫ちゃんだけでなく、家の中だけで生活する子でも感染リスクは十分あります。
年間を通しての予防をお勧めします。
予防薬は首に垂らすタイプから飲み薬までお選びいただけます。
フィラリア症予防(犬糸状虫症)
フィラリアは蚊によって媒介され、犬の心臓と肺へつながる血管の中に寄生する、細いヒモの様な虫です。フィラリアの成虫が犬の心臓や肺の血管の中で産んだ子虫はミクロフィラリアと呼ばれ、血液と共に体中の血管の中をめぐります。そして、蚊がこの犬から吸血する際に、この子虫が蚊の体内に入ります。蚊の体中に入った子虫は感染子虫と也ばれる状態まで成長します。そして、この蚊が再び他の犬を吸血する際に感染子虫も伝搬されます。皮膚から入った感染子虫は犬の体内で再び成長を重ね、約100日後には心臓に到達して肺の血管に寄生します。約6カ月後にはミクロフィラリアが生まれます。
【症状】
心臓と肺の病気が起こりますが、気づかれずに進行するので要注意が必要です。
体重減少、咳、運動不耐(疲れる)などが初期の症状で、末期には心臓が完全に機能不全を起こし、腹水がたまることもあります。
肝臓を冒されたり、激しい貧血がみられることもあります。進行したものでは治療も困難で死亡率も高くなります。
【予防】
月に1回の薬で、蚊に刺された後に皮膚の中で虫が成長するのをくい止めることが可能です。
薬のタイプも各種ご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。
また、猫ちゃんでもフィラリア寄生による突然死などが報告されているため、予防は必要です。
予防実施に当たっては、必ず血液検査を行って、ミクロフィラリアがいないことを確認してから行います。
予防期間は、蚊が飛んでいる期間プラス1~2ヶ月で、地域によって異なりますが、春から初冬までの間が一般的です。
お腹の虫
身づくろいの際に、たまたま体に付いた寄生虫の卵を食べてしまったり、散歩中にカエルやネズミなど(寄生虫の中間宿主)を口にすることで知らないうちに寄生虫に感染してしまうことは珍しくありません。人間にもうつる可能性があるので、定期的な駆虫をお勧めします。

ワクチン抗体価測定について

ワクチンアレルギーやフードアレルギー(牛肉アレルギー、牛乳アレルギー、羊肉アレルギー※1)や基礎疾患、また他の理由によりワクチン接種が計画的に行えない場合、体内に残っているワクチン抗体の有無を確認することで、不要なワクチン接種や、体にかかる負担を軽減することができます。
世界小動物獣医師会(WASAVA)が定めているコアワクチン3種※2(犬ジステンパー、犬アデノウイルス、犬パルボウイルス)について病院内で検査が可能です。

抗体価測定の流れ

  1. 採血をさせていただきます。
  2. 院内にて抗体価の測定を行います。若干時間がかかるため、一旦ご自宅へお帰りいただき、結果が出たらご連絡させて頂きます。
  3. 抗体が十分にある場合
    その年のワクチン接種は見送り、また翌年に抗体価測定を行います。
    抗体が不十分な場合
    ワクチンの接種をお勧めします。
    ワクチンアレルギー等で接種が難しい場合は、飼い主様とご相談させて頂き、1番良いと思われる方法をご提案させて頂きます。
※ワクチンアレルギーと牛肉アレルギーについて

ほとんどのワクチンが、製造する際に「牛の血液由来成分」を使用します。そのため、牛肉、牛乳、また、それらと抗原の構造が類似している羊肉に対してアレルギー反応を示している場合もワクチンアレルギーを起こす可能性があり、注意が必要です。

コアワクチンについて

「コア」ワクチンとは、犬ジステンパー、犬アデノウイルス、犬パルボウイルスの3種類と狂犬病ワクチンで、感染すると致死性が高いため、すべての犬が接種する必要があります。
対して、「ノン・コア」ワクチンとは、住んでいる地域やライフスタイルによって接種を選択します。基本的には年に1回の接種が推奨されており、パラインフルエンザワクチンやレプトスピラが含まれます。

犬の混合ワクチン

犬の混合ワクチンは、メーカーごとに3種、5種、6種、8種、9種、11種…と、色々な種類がありますが、「レプトスピラ感染症に対するワクチンを含むか、含まないか」で大きく2つに分けられます。
たくさんの病気を予防した方が安心、と思われがちですが、生活環境と体への負担を考え、必要なワクチンのみを接種することが大切です。

当院で接種可能なワクチン

6種混合ワクチン
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症
8種混合ワクチン
6種混合ワクチン + 犬のレストスピラ感染症(カニコーラ型、イクテロヘモラジー型)
2種混合ワクチン
犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症

犬ジステンパー

極めて伝染力の強い犬ジステンパーウイルスによって起こります。犬のウイルス病 としては最も多く、発病率は25-75%、また感染した動物での死亡率も 50-90%と高いものです。ウイルスは通常のアルコールや石鹸で死滅するような弱いものですが、寒い環境では動物の体外でも少しの間生存することが可能です。 ウイルスは感染した犬のくしゃみ・その他の分泌物により広がり、離乳期近くの若い動物が感染しやすいです。
高い熱、目やに、鼻水、クシャミが出て、元気・食欲がなくなります。回復することもありますが、多くが神経症状へ進展し、死に至ります。

犬伝染性肝炎

アデノウイルスの仲間の犬伝染性肝炎ウイルスが病原体です。消毒にも比較的強く、環境中でも数日から数カ月生存することができます。便と尿の中にウイルスは排泄され、それが口や鼻から入る事で感染します。
現在、この病気は多くありませんが、まれに激しい発症もみられます。高い熱が出て、嘔吐や下痢をしたり、元気・食欲がなくなり、時には目が白く濁ったりします。症状の程度は様々ですが、全く症状を示すことなく突然死亡することもあります。

ケンネルコッフ

伝染性気管気管支炎と呼ばれるこの病気は、単一の病原体によるものではなく、いくつものウイルス・細菌などが複合して病気を起こしています。中でも重要なのがボルデテラと呼ばれる細菌で、それにジステンパーウイルス、アデノウイルス1型アデノウイルス2型イヌパラインフルエンザウイルスが関係しています。
イヌパラインフルエンザウイルスは非常に弱いウイルスで、アデノ1型は犬伝染性肝炎ウイルス(アデノ2型)と同様です。しかし、これらのウイルスは飛沫中に含まれて空気中を飛ぶために感染力は強く、発熱や食欲不振が見られるほか、のどや扁桃が腫れ、クシャミや鼻水、短く乾いた咳が続くこともあります。細菌との2次感染を誘発し、症状が重くなることがあります。

犬パルボウイルス感染症

パルボウイルスは非常に強力なウイルスで、通常の消毒では死滅しない為、環境中では数カ月以上生存できるといわれています。人間の靴などについて運ばれる可能性もあり、一部の集団飼育施設で集団発生がみられることがあります。
ウイルスは糞便の中に排泄され、これが口や鼻から入ることで感染します。感染後2日で、元気消失、嘔吐、下痢がみられるようになり、それから食欲が廃絶します。発病するのは全体の20%以下、死亡率は1-5%以下とされていますが、下痢や嘔吐が持続するものは死亡することが多く、また幼犬に多い過急性感染では、発症後1日程度で死亡する事もあります。

犬コロナウイルス感染症

おもに嘔吐、下痢、脱水を起こします。幼若な子犬の場合、犬パルボウイルスなどの他のウイルスや細菌との2次感染を誘発し、症状が重くなることがあります。

必要な場合のみ、予防が必要な病気と原因

犬レプトスピラ感染症

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラという細菌によって引き起こされる人獣共通感染症です。げっ歯類を中心とした多くの哺乳動物の腎臓に定着し、尿中へと排出されるため、この尿との直接的な接触あるいは尿に汚染された水や土壌との接触により感染します。感染すると嘔吐、脱水、虚脱などがみられ、中には高い死亡率を示すものもあります。レプトスピラ属細菌は250 以上の血清型に分類されていますが、血清型分布には地域性があり、流行する血清型は国や地域により異なります。レプトスピラ症のうち、5種はワクチンによって予防可能ですが、効果はレプトスピラの血清型に特異的であり、血清型が異なるとワクチンの防御効果はありません。
(東京都感染症情報センターおよび農林水産省のサイトでレプトスピラ症の流行状況が確認可能です)

猫の混合ワクチン

3種混合ワクチンと、猫白血病ウイルスワクチンなども含む5種ワクチンがありますが、犬のワクチン同様、たくさん打てば良いわけではありません。体に対する負担も考慮したうえで、その子の生活スタイルに合ったワクチンを接種することが大切です。

当院で接種可能なワクチン

3種混合ワクチン
猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症

※5種混合ワクチンは現在接種を行っておりません。ご希望の方は事前にご連絡ください。

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

原因は猫のパルボウイルスです。免疫のない猫はすべての年齢にわたり感受性であるが、とくに子猫や若い猫は重傷で死亡率も高くなります。パルボウイルスは通常の消毒液では死滅しない上に、とても伝染力が強く、食器の共有や、人間の靴などについて運ばれることもあります。無防備な猫がいれば次から次へと発病することも珍しくありません。最初にみられる症状は元気・食欲の低下です。次第に嘔吐が激しくなり、脱水症状がみられるようになります。下痢はあるものと無いものがあるようですが、激しいものでは血便がみられることもあります。またこの病気では体が細菌などと戦うために必要な白血球が非常に少なくなるので「汎白血球減少症」という正式の病名がつけられていますが、このために他の病原体に対する抵抗力も一次的に下がります。この時期に重度の脱水と体温低下がみられると良くない兆候で、残念ながら助からない猫も多くいます。回復した猫には強力な免疫ができ、終生この病気にはかからなくなります。

猫ウイルス性鼻気管炎

原因は猫のヘルペスウイルスで、感染猫のくしゃみ、分泌液などから感染します。このウイルスにかかると3~4日で急に元気・食欲がなくなり、熱も上がります。そして鼻水やくしゃみが激しくなり、涙眼や結膜炎もおこします。よだれを出す猫もいます。症状が始まってから3~4日頃に一番激しくなり、通常はその後 1週間ほどで回復します。子猫は食事ができずに脱水や衰弱が激しいと命を落とすこともあります。また抵抗力がなくなり、細菌感染が同時におこると症状が激しくなり、病気が長引くこともあります。また、ヘルペスウイルスは神経細胞の中に隠れてしまうため、一度良くなったように見えても、寒さ、ケンカ、妊娠・出産など体に負担がかかり免疫力が低下すると、ウイルスが活動を再開して発病します。

カリシウイルス感染症

カリシウイルスによって引き起こされる感染症ですが、感染するウイルスの型により病気がそれぞれ異なります。ヘルペスによる鼻気管炎と似た症状を起こすもの、口の中に潰瘍を作るもの、激しい肺炎をおこすもの、腸で感染してとくに症状は出さないものなどいろいろなタイプがあります。感染は接触などによりおこりますが、約3日の潜伏期で症状が出ます。発熱と元気・食欲の低下は症状を出す3つの型に共通していますが、その他の症状は多様です。通常は約2週間以内には回復しますが、肺炎をおこしたものでは亡くなってしまう事もあります。回復した猫は免疫ができ、その後症状を見せることはありませんが、持続感染といって、常にわずかな量のウイルスが体外に出されます。よって、カリシウイルスに一度かかった猫は免疫も獲得しますが、同時にウイルスも排出しており、他の猫に対して感染源となる可能性があります。

猫白血病ウイルス感染症 (※3種混合ワクチンには含まれません)

猫白血病ウイルスによって起こる感染症で、リンパ腫や白血病ばかりではなく、多くの疾患に関与し、その多くが致死的な経過をたどる恐ろしい感染症です。主に唾液を介して水平伝搬するため、屋外へ出て他の猫と接触する機会が多い猫は注意が必要です。また、母子感染もおこります。
感染しているかどうかは、病院内での簡単な血液検査でわかります。感染イコール発症ではありませんが、もし症状があらわれた場合は、それぞれに対する対症療法が中心となってきます。

狂犬病ワクチン

狂犬病とは
狂犬病ウイルスが原因で、人間を含む温血動物の多くに感染します。
現在日本では厳重な検疫体制および予防注射の実施により発生の報告はありませんが、東南アジアやアメリカなどでは、野生動物などにいまだに発生があるので要注意です。
ウイルスは動物の体外では簡単に死滅してしまいますが、感染動物から咬まれると、神経の中に入り込み狂犬病が発症します。
通常は症状がみられてから2-7日で死亡します。ごくまれに回復もみられますが、死亡率がきわめて高い恐ろしい伝染病です。

「狂犬病予防法」に基づき、わんちゃんは毎年1回、狂犬病ワクチンを接種する必要があります。接種ご希望の方は、市からの接種ご案内のおハガキをお持ちください。

また、畜犬登録を行っていない方は登録代行サービスも行っております。

  • 日野市にお住まいの方:注射済票をその場でお渡しできます。
  • 八王子市、多摩市、立川市、稲城市にお住まいの方:お時間を頂きますが、注射済票発行の代行サービスを行っております。

※畜犬登録および注射済票発行時の代行手数料は頂いておりません。

マイクロチップ

自分で名前や住所を話すことができない動物たちにとって、マイクロチップは迷子や災害時に威力を発揮する「身分証明」です。
マイクロチップは、直径約2mm、長さ約12mmの円筒形のガラス製カプセルに包まれた小さな電子標識器具で、少し太めの専用注射器で皮膚に埋め込みますので、麻酔等の処置は必要ありません。
詳しくは環境省の下記のサイトをご覧ください。

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

トップページへ戻る