病院紹介

理念と基本方針

理念

すべては、「ご家族」と「かぞく」の「しあわせ」のために

人間よりも体が小さく、寿命も短いけれど、精いっぱいの愛情で応えてくれる大切な「かぞく」。
その「かぞく」と、飼い主様ご家族皆様の「しあわせ」のために、獣医療を通してお手伝いをさせていただきたい。
それがごりペットクリニックの想いです。

方針

飼い主様との会話を大切にします
動物たちは口をきくことができません。ふだん、生活を一緒にされていらっしゃる飼い主様から、お話をしっかり伺うことが治療のカギであることが多々あります。
飼い主様との信頼関係を築くためにも、何気ない「おしゃべり」も大切に考えています。
• 治療方針は十分な説明と、多くの選択肢のもと、飼い主様と相談して決定します
正解はありません。積極的な検査や治療も、緩和療法や対症療法も、時には「何もしない」という選択も。
「しあわせ」の形はその時、その人で変わるものだと思います。
チーム医療をベースとし、最善の診断・検査・治療をご提供できるよう努めます
日進月歩で変わりゆく獣医療。たったの2~3年で治療方針や診断が変わってしまう事も珍しくはありません。
また、必要とされる知識も「広く浅く」ではなく「広く深く」になってきています。
一人の獣医師に出来ることには限界がありますが、各々が常に最新の情報に耳を傾け、チームとして力を合わせることで、最善の治療をご提供出来るよう努めていきます。
予防医療に力をいれます
「具合が悪くなったら病院へ行き、治療する」のは当然ですが、症状が出る前に「早期に発見」し、「未然に防げるものは、しっかり防ぐ」。
どんなに最新の治療であったとしても、防御に勝るものは無いと思います。
当院では、自身のことを口で伝えることが出来ない動物たちの体の異常を早期発見すべく、わんにゃんドック(健康診断)を推奨し、随時受け付けております。

ごり動物病院から「ごりペットクリニック」へ

移転に伴い、病院名を変更致します。
日常のちょっとした変化や異常はもちろんの事、難しい病気まで、様々な状態に対応可能な信頼できる病院を目指し、また、飼い主様はじめ地域の皆様にとっても、より身近な存在であるようスタッフ一同頑張っていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

病院内と医療機器

外観
入口はコチラです。ローソンからみて裏手になります。
外観
ローソン側からはこちら。壁に大きくクリニック名が見えます!
受付
受付です。診察券を忘れないように!初診の方もお気軽に♪
待合
受付を済ませたら、こちらの椅子でお待ちください。
診察室
診察台です。いつも清潔!を心がけています。
診察室
診察室は2つございます。お待たせしないよう心がけております!
入院室
入院室です。エアコン完備の入院室は2つに分かれています。ステンレス製のケージも小さい物から大きな物まで、色々なサイズをご用意しています。